人生と心霊の世界

sponcered link

*私たちは20世紀から21世紀と進むにつれて、多くの謎を解明してきました。

あなたの心にふと語りかけたいのです。
これは宗教でも霊能者の相談サイトでもありません。
私が普段思っていることを書き留めた、独り言です。

 

*私たちは20世紀から21世紀と進むにつれて、多くの謎を解明してきました。

 

「科学」「哲学」「医学」その他多くの学問が発達していき、人間にはもう不可能なことは無いかの様に大いなる自身を持ち、かっては信じられてきた「神話」や「宗教」等の世界観は、もはや「過去の迷信」とまで考えられるようになってきました。
しかし、まだ大きな謎、いや「最大の謎」がここにあります。それは「人間」です。そして人間の最大の謎はその「心」です。

 

多くの科学の産物は「知力」を人間よりも上手に模倣しますが、「心」については僅かな真似事しか出来ません。「心」は宇宙を思うことが出来ます。その目で見てその存在を確認し、想像し、又感情を持って接することが出来ます。

 

しかし、こんな偉大な心を持った人間もいつかは他の生命体と同じように死に至ります。「死」はその体を「物質の世界」から見えなくしてしまい、その後には何の痕跡も残しません。だから私たちはそれを「無である」と言います。「無である…」確かにそうかもしれません。そしてその次にくる考え方は「それで終わりである」というものです。

 

しかしこの「何もかも終わりである」という考え方は本当に「科学的」なのでしょうか?そもそも科学というものは「存在する」という証拠を求めます(証明)。しかし「存在しない」という証拠を出そうとすると大変です。

 

たとえば「一角獣は存在しない」ということを証明するよりも「存在する」ということを追求したほうが結果的には「どこにも見つからなかったから存在しない」ということが簡単に言えるわけです。もちろん「まだ探しきっていない」ということも言えるのでしょうが、そんなことをしていては大変です。

 

「存在しないことの証拠」を出そうと思ったら、これは地球の隅々まで(深海から氷山の中や火山のやマグマの中まで)調査しなければなりません。それはほぼ不可能なことです。しかし「存在する」という証拠は出せません。そこでこういう言葉が出てきます。「現時点では存在は確認できません」…と

 

そう…それは「死後の世界」の実在についても同じことが言えます。現時点では「死後の世界」の存在は確認できません。しかし、存在を証明した人もないことを証明した人もいないのです。だから私たちは大きな賭けをしているのでしょうか?

 

つまり、ある人は「私は死んだら終わりと思う。だからそれを基準に人生を生きる」という方に賭けた人と、「私は死後の世界はあると思う。そう思ったほうが色んなことが明快に理解できる。私は人生が死で終わらない永遠の旅であると思い、生きていく」 という方に賭けた人との間で壮大な勝負が…

 

しかし、勝負とは何でしょうか?

 

それは勝ち負けが確認されてはじめて「勝負」がつくものです。死んだらおしまいという人にはそれを確認するすべがありません。こんな大きな賭けなのに、たとえ勝ったとしても、何しろ「無」なのですから…。つまり勝っても「ゼロ」なのです。

 

しかし、死後の世界の存在を信じた方には50%の勝率があります。

 

屁理屈かもしれませんが、こんな単純な数字にも「存在の秘密」が隠されているような気がしてならないのです…。

 

この一風変わったサイトは「必ず万人に訪れる死」を見つめながら、「死後の世界」の実在や痕跡を後世に残そうとした先人たちの思想や信条をご紹介しながら「積極的な人生観」を持つという目的の元に立ち上げました。

 

よって決して「特定の宗教や思想のみを広げようとするものではなく、また一切の団体とも関係が無い」ことを明記しておきます。

 

 

潜在意識と顕在意識(意識の不思議)ケオルギー・グルジェフC

 

さて、グルジェフは謎の人だと言うことがお解かりになられたでしょうか?
彼はこういいます。「あそこを行く人をご覧。彼は眠ったまま生き、眠ったまま死んで行くんだよ。」
彼に言わせれば、普通の私たちの昼間、目覚めている意識は「眠っている」と言うのです!
それは生まれてから周りから教育を受けて育った「自我」つまり「エゴ」の意識で生きているだけだというのです。
私たちには本来、賢い自分が一人ひとりにいて、それを「ハイヤーセルフ」と言います。
その「ハイヤーセルフ」は昼間は「エゴ」の働きに自分を奪われて、なかなか表面意識に現れてこないのです。
この「ハイヤーセルフ」は物質界、つまり「この世」よりも高い波動の世界にいて、私たちは眠っているときに意思が通じていると言うのです。
ところが、朝起きた瞬間、エゴが目覚め、たちどころにその記憶はかき消されると言うのです。
グルジェフは高い意識の存在は、自己回帰によって形成されその作業を「work」と呼び、始めから備わっていると言ういわば「仏性」のようなものは自分で形成しなければならないとしました。

仏教でも、人間はもともと悟った存在であると言う考えと、修業によって始めて得られると言う考えがあり、昔から論争されてきました。
では、「悟り」とは何なのでしょうか?そんなに追い求める価値のあるものなのでしょううか?
私たちは通常昼間は意識があり、それは夢などと比べると、はっきりしています。
でもそれを超越した意識、「悟りの意識」があると言うのです。
グルジェフはそれを違う言葉で表現いたしました。それは「客観的理性」と言う言葉です。
人間にはもともとそれが魂が生まれたときから存在しており、それは精神、意識を鍛えることによって顕れてきて、人はその顕現する段階によって、宇宙の秘密を自覚していくとされています。
なので、その「悟りの意識は、ハイヤーセルフともいえるのです。」つまり私たちに存在している「潜在意識」と呼ばれているところに存在しているらしいのです。
ゆえに昔からその秘密の意識に達するため修業が存在していたのです。

 

 

潜在意識と顕在意識(意識の不思議)ケオルギー・グルジェフB

 

私たちが当たり前と思っている「潜在意識」は水面下にあり氷山の一角が「顕在意識(昼間起きているときの意識)」だというのを聞いたことがあります。

 

その意識は実はかなり大きなものでそこには普段私たちが意識していない意識があり、それは時々表面に現れ、または夢の世界でも時々顔をのぞかせます。

 

それが当たり前と思っているのです。あることはどうやら心理学でも言っているみたいだし、たぶんあるんだろうな…その程度です。

 

しかしさっき言った「新しい意識=悟りの意識」というものは人類史上非常に少ない人間のみ体験しているにすぎません。

 

ここでご紹介したい人物があります。彼の名は「ゲオルギー・グルジェフ」といいます。

 

彼はかのヒットラーが恐れ、「恐ろしい超人がいる」と言わしめた神秘思想家です。

 

子供のころから医学や神学を学び、そのずば抜けた才能を見ぬいた司教が、特別な教育を施しました。

 

彼、グルジェフはロシアとトルコの国境に近い寒村で、カッパドキア系ギリシア人として生まれました。

 

太古から語り継がれている「秘儀参入=真の錬金術。つまり悟りの方法」の答えを求めて世界中を旅行します。

 

詳しいことは後程お話ししますが、この「ゲオルギー・グルジェフ」は「新しい意識=悟りの意識」についてこう言ってます。

 

人間の内的奴隷状態の第一の理由は、彼の無知、なかんずく、自分自身に対する無知だ。

 

自分を知らずに、また自分の機械の働きと機能を理解せずには、人間は自由になることも自分を統御することもできず、常に奴隷あるいは彼に働きかける力の遊び道具にとどまるだろう。

 

これが、あらゆる古代の教えの中で、解放の道を歩みはじめるにあたっての第一の要求が〈汝自身を知れ〉である理由だ。

 

「人間は機械だ」というのです。つまり自分で考えて自分で行動しているようだが、それは周りの外的環境などに影響に従った結果なのです。

 

つまり内的奴隷状態にあるというのです。でも私たちは「そんなことあるもんか。私は自分で考えて自分で行動しているよ。」そう思うでしょう?

 

しかし、それは本当に自分から考えて行ったのではなく、そうせざるをえない周りの影響がさせているというのです。

 

そしてその状態から「解放の道=悟りの道」だというのです。

 

つまり本来人間は潜在意識を開かれた自由な存在になれるというのです。

 

潜在意識と顕在意識(意識の不思議)ケオルギー・グルジェフCに続く

 

 

「人生の霊的考察」の為に

 

 

-------------------------------------


(今日の記事)潜在意識と顕在意識(意識の不思議)@

潜在意識と顕在意識(意識の不思議)@

 

潜在意識とはコトバンクでは、「精神分析などで、活動はしているが自覚されない意識。」という風に定義されています。
要するに「よくわからないが、意識の下で働いているもう一人の自分」といったところでしょうか。

 

心理学やフロイトなどでも出てきますが、
「一般化した」唯識的には、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・意識・潜在意識・無意識です。

 

シュタイナー論的には、
下位感覚/触覚・生命感覚・運動感覚・平衡感覚 中位感覚/嗅覚・味覚・視覚・熱感覚 上位感覚/聴覚・言語感覚・思考感覚・自我感覚です。
これは話せば長いことになりますのでおいておきましょう。

 

でもここではもっとくだけて考えてみましょう。つまり我々は10パーセントの「顕在意識」、言い換えれば「昼間の起きているときの意識」
90パーセントの「潜在意識」からなっていると言ったらどう思いますか?

 

つまり私たちは起きているときは「自分」というものの意識がはっきりとあり、自分でものを考え行動し、自由に選択しているのですが、
実はこの意識が私たちの魂の一部のみを使った結果だったらどう思います?

 

「そんな事あるもんか。俺はちゃんと起きてるし十分、意のままに行動しているよ!」というのが通常の人の答えでしょう。
だから、自分が「眠っているような状態」であるとは思わないのです。

 

しかし多くの宗教はこう言っています。「目覚めよ!」と。すると、「え?何それ。私は起きてますけど」とも言いたくなる。
そして違う言葉で言えば「悟る」という言葉で表現された、特別な意識。「それ何?」そう言いたくなります。

 

しかし古今東西そんな話は山ほど出てきます。大宗教の教祖や何やらしょう○○までまで様々な話が聞かれます。
「悟りに達せられた」とか「悟りを開かれた」とかいろいろあります。

 

これは本物の悟りならば単なる「私は気が付きました」とか「私はわかりました」とかというレベルの話ではないようです。
それは「違う意識に目覚めた」ということのように思えます。

 

つまり古いインドのある教えはこう言っています。「この世はマーヤ、すなわち幻想である」と。
でも私たちにはこの世は「現実」であり確かに「あるもの」ですよね。それが「幻想」とはどゆこと?

 

次回はその意識がどんなものなのかを考えてみたいと思います。(H27/11/8)

 
 

書籍ご紹介

姉妹サイトです